利用規約

第1条 総則

本利用規約は、株式会社craht partners(以下「当社」といいます)が提供するユーザー会員(第2条に定義)とカメラマン会員(第2条に定義)をマッチングするサービスの利用にあたり、会員(第2条に定義)が遵守すべき事項及び会員と当社との権利義務関係を定めるものです。

会員は、本利用規約の内容を十分理解した上でその内容を遵守することに同意して当該サービスを利用するものとし、当該サービスを利用した場合には、当該会員は本利用規約を遵守することに同意したものとみなします。


第2条 定義

1. 「Pro Photo」とは、当社が提供するユーザー会員とカメラマン会員をマッチングするサービス(内容を変更した場合は、当該変更後のサービスを含むものとします。)を意味します。

2. 「会員」とは、カメラマン会員及びユーザー会員の双方を意味します。

3. 「コンテンツ」とは、撮影契約(本条に定義)に基づいてカメラマン会員が撮影した写真を意味します。

4. 「撮影契約」とは、第7条第4項に定義される「撮影契約」を意味します。

5. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。

6. 「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが「https://prophoto.link」である当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず当社のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。

7. 「登録希望者」とは、第3条において定義された「登録希望者」を意味します。

8. 「登録情報」とは、第3条において定義された「登録情報」を意味します。

9. 「カメラマン会員」とは、カメラマン会員としてPro Photoに登録を申請し、当社がこれを承認した者を意味します。

10. 「本撮影サービス」とは、カメラマン会員が、Pro Photoでマッチングしたユーザー会員に対して提供する、写真・映像撮影のサービスを意味します。

11. 「利用契約」とは、第3条第6項に定義される「利用契約」を意味します。

12. 「ユーザー会員」とは、第3条に基づきユーザー会員としてPro Photoに登録を申請し、当社がこれを承認した者を意味します。


第3条 会員登録手続と承認

1. ユーザー会員としての利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本利用規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、Pro Photoの利用の登録を申請することができます。

2. ユーザー会員の登録手続を行うことができるのは、そのユーザー会員となる本人に限るものとし、代理人によるユーザー会員の登録手続は認められないものとします。

3. ユーザー会員の登録手続を行う者は、登録情報の入力にあたり、入力した情報は全て真実であることを保証するものとし、登録情報全てにつき、その内容の正確性・真実性・最新性等一切について、ユーザー会員の登録手続を行ったユーザー会員自らが責任を負うものとします。

4. ユーザー会員は、自らの意思によってのみPro Photoに登録し、ユーザー会員となるものとします。ユーザー会員は、自らの意思によってPro Photoを利用し、利用にかかわるすべての責任を負うものとします。

5. 当社は、第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することができ、当社はこれについて一切の責任を負わず、また登録を拒否する理由を登録希望者に説明する義務を負わず、登録希望者はそれにつき異議を申し立てないものとします。さらに、承諾・登録後であっても、ユーザー会員について以下の各号に該当する事実が判明した場合には、承諾・登録を取り消すことがあります。

  1. 満18歳未満である場合。

  2. 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合。

  3. 電子メールアドレスを保有していない場合。

  4. 既にPro Photoの会員となっている場合。

  5. 本利用規約の全ての条項に同意していない場合。

  6. 当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがある場合。

  7. 過去にPro Photoの利用の登録を取り消された者である場合。

  8. Pro Photoと同一又は類似のサービスを行っていると当社が判断した場合

  9. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合

  10. 本利用規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合。

  11. その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

6. 当社は、前項その他当社の基準に従って、登録希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を登録希望者に通知します。かかる通知により登録希望者の会員としての登録は完了し、本利用規約の諸規定に従ったPro Photoの利用にかかる契約(以下「利用契約」といいます。)がユーザー会員と当社の間に成立します。

7. カメラマン会員になろうとするものは、第1項から第6項までの登録手続きとは別に当社が定める手続きに従いカメラマン会員としての登録が必要です。当社がカメラマン会員として認めた場合に限り、カメラマン会員としての登録は完了し、利用契約がカメラマン会員と当社の間に成立します。


第4条 登録情報の変更

会員は、登録情報に変更があった場合は、遅滞なく、当社の定める方法により、当該変更事項を当社に通知し、当社から要求された資料を提出するものとします。


第5条 パスワード及び会員IDの管理

1. 会員は、自己の責任において、パスワード及び会員IDを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

2. パスワード又は会員IDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は会員が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

3. 会員は、パスワード又は会員IDが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。


第6条 会員情報の取扱い

1. 登録情報及びPro Photoの利用において当社が知り得た会員の情報については、別途定める「プライバシーポリシー」に従って取り扱われるものとし、会員はこれに同意するものとします。

2. 当社は、会員が当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、会員はこれに異議を唱えないものとします。


第7条 Pro Photoの利用

1. 会員は、利用契約の有効期間中、本利用規約及びPro Photo所定の申込内容欄に記入された条件に従って、Pro Photoを利用することができます。なお、対応可能なサービス内容については当社ウェブサイトに定める通りとします。本撮影サービスは、Pro Photoに登録しているカメラマン会員により提供されるものであり、当社は本撮影サービスについて一切の責任を負わないことをユーザー会員は承諾するものとします。

2. カメラマン会員は、当社所定の方法で、当社ウェブサイト上に本写真撮影サービスに関する情報を掲載することができます。カメラマン会員は、真実、正確かつ最新の情報を掲載しなければならないものとします。

3. ユーザー会員は、当社ウェブサイトから当社所定の方法で本撮影サービスを申し込むことができます。ユーザー会員は、申込みに際して入力した情報は、当社及びフォトグラファー会員に提供されることにあらかじめ同意するものとします。

4. 前項の申込みに対する1名もしくは複数名のカメラマン会員からの撮影オファーを確認し、その中から希望する1名のカメラマン会員を選択・承諾を通知した時点で、本契約が会員と弊社の間に成立するものとします。カメラマン会員が当社を介してユーザー会員へサービスを提供・販売し、ユーザー会員はカメラマン会員のサービスに対して料金を当社のサイト上で決済します。当社とカメラマン会員とユーザー会員の間に、本写真撮影サービスに関する契約(以下「撮影契約」といいます。)が成立します。

5. 撮影契約成立後、電話にて打ち合わせ(プランによっては打ち合わせ場所、日時等の詳細(それらを変更する場合も含む。)を行い、当事者間で連絡をとって決定するものとします。

6. カメラマン会員及びユーザー会員が成立した撮影契約についてキャンセルする場合、キャンセル料の発生有無については当社が別途定める規程に従うものとします。

7. ユーザー会員は、撮影契約に基づく撮影の終了後、当社の定める方法に従って、カメラマンを評価しPro Photoに投稿することができるものとします。


第8条 サービス料金について

1. 本写真撮影サービスのサービス料金及び最低利用時間並びに交通費の取扱いについてはPro Photo内で定める通りとします。当社は、コンテンツの販売方法及びその金額等を当社の裁量で決定することができます。但し、別途契約等で定めがある場合は、当該契約等の定めを優先するものとします。

2. ユーザー会員は、クレジットカード又は銀行振込にてPro Photo内に記載のサービス料金を当社が別途指定する時期に当社に支払うものとします。但し、カメラマン会員がユーザー会員に本撮影サービスを提供しなかった場合には、ユーザー会員からの報告を受けて当社が事実であることを確認した上で、当該ユーザー会員へ全額を返金するものとします。

3. 会員は、Pro Photoを利用するにあたり発生する携帯電話を含む情報通信機器等によるメールの送受信及びサイト閲覧、電話代その他に必要な通信費用の一切につき、会員自身がこれを負担します。

4. ユーザー会員よりキャンセルが申請された時点でキャンセルの効果が発生するものとします。ユーザー会員の事情によるキャンセルはサービス料金が発生します。また、カメラマン会員の事情によるやむを得ないキャンセルが発生した場合は、ユーザー会員にサービス料金の返金を行います。

5. 当社は、本写真撮影サービス上のコンテンツ、付随するタグ表記、タイトル又は情報(コンテンツに係る著作権、肖像権、パブリシティ権その他財産権の表示を含む)の正確性及び完全性を保証することはできません。ユーザー会員及びカメラマン会員はいずれも、本利用規約を遵守し、自己の責任においてこれらの確認を行うものとします。

6. 本条に定める場合を除き、当社はユーザー会員が支払ったサービス料金については、いかなる場合でも、返金しないものとします。


第9条 カメラマン会員

1. カメラマン会員は、(i) 本撮影サービスでご自身で撮影・制作したもの以外のコンテンツをアップロードすること、(ii) 自分自身で撮影・制作していない素材を、著作者の許可なくアップロードすること、及び(iii) 本撮影サービスで撮影したコンテンツをユーザー会員に提供する以外の目的で使用すること(個人のブログやサイトなどで公開すること、写真販売サイトで販売することを含みますがこれらに限られません。)をしてはならないものとします。

2. カメラマン会員は、撮影にあたって、必要な許可等を得ることなく(i) 式場等の一定の場所を一定の時間、排他的、独占的に使用すること (ii) 撮影が禁止されている場所での撮影をすること をしてはならないものとします。撮影場所についてカメラマン会員の判断責任のもとで行うものとします。

3. カメラマン会員は、Pro Photoにアップロードしたコンテンツに含まれる被写体に肖像権、パブリシティ権、商標権、著作権、その他の第三者の権利が存在する場合、存在する権利一切につき、当該権利の権利者又はその正当な代理人から許諾を取得しており、第三者の権利を侵害するものではないことを保証します。

4. カメラマン会員は、Pro Photoにアップロードしたコンテンツが合法的に制作されたものであることを保証します。

5. 必要な許諾が取得できていないコンテンツ、又は次のいずれかに該当するコンテンツは、不適切なコンテンツとみなし、当社は、当社の裁量により、これを削除、変更でき、当社は本項に基づき当社が行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

  1. わいせつ、暴力、その他公序良俗に反する内容を含むもの

  2. 商標、ブランドロゴ、キャラクター、広告(ポスター等)、商品(CD、DVD、書籍等)が主要な被写体として写っているか、又は識別ができるもの

  3. 著作権保護期間内の美術品(絵画、彫刻等含む)を含むもの

  4. 個人を特定できる人物が写っており、適切な権利処理がされていないもの

  5. 撮影若しくは、RF素材(利用用途を特定せず、あらゆる用途で利用することができる素材を意味します。)としての販売に際し許可が必要となる第三者が管理する施設、動物、物品等について、当該管理者又は権利所有者の適切な許可を取得していないもの、又そのような許可を取得せずに撮影が行われたもの

  6. コンテンツとして不適切な文字掲載や加工がされたもの

  7. 法令に抵触する内容を含むもの

  8. その他、当社が、Pro Photo内での販売に適さないと判断したもの

6. コンテンツについて第三者から権利侵害の申立、異議、苦情、それに伴う損害賠償請求が生じた場合、カメラマン会員は、その責任と負担においてこれを処理し、かつ当社に一切の迷惑、損害を与えないことを保証します。

7. 当該申立、異議、苦情、損害賠償請求が当社に対して行われ、当社が何らの損害を被った場合、カメラマン会員は、合理的な弁護士費用も含め、当社が要した費用一切につき、これを補償します。

8. 万一コンテンツについて第三者から権利侵害の申立、異議、苦情、損害賠償請求が当社に対して行われた場合、当社は、当該コンテンツをアップロードしたカメラマン会員の連絡先を、当該第三者に開示できるものとし、カメラマン会員は予めこれに同意するものとします。


第10条 カメラマン会員への支払

1. 当社は、カメラマン会員が写真撮影サービスをユーザー会員に提供したこと且つカメラマン会員が振込申請をしたことを条件に、カメラマン会員に対し、第8条に基づきユーザー会員から受領したサービス料金から、当社の定める基準に従って算定された手数料及び振込手数料を控除した残額を、撮影サービスの提供日の属する月の翌々月5日までに、お支払いします。源泉徴収が発生する場合には、算定に際して、法律によって徴収が義務付けられた源泉徴収等の税金を差引いた金額を支払うものとします。

2. 前項の金額の支払時期については以下の通りとします。カメラマン会員は、本写真撮影サービスの提供日から1年以内に振込申請を行うものとし、1年以上振込申請を行わなかった場合には、当社は、カメラマン会員がサービス料金の支払請求権を放棄したものとみなすことができるものとします。

3. 撮影契約に関してキャンセルがあった場合において、当社がユーザー会員からキャンセル料を取得した場合には、かかる金額を、第1項の計算におけるサービス料金に置き換えて手数料を計算します。

4. カメラマン会員は、前3項に従って当社から受け取った金額について、法令等に従い自ら全ての責任を負って税金や税金支払の手続等に対応します。


第11条 直接取引の禁止

1. ユーザー会員は、本利用規約の有効期間のみならず、本利用規約の有効期間終了後においても、Pro Photoを通じて知り得たカメラマン会員に対し、当社の承諾なしに直接本写真撮影サービスに類似するサービスの提供を依頼することはできないものとします。

2. ユーザー会員は、本利用規約の有効期間のみならず、本利用規約の有効期間終了後においても、Pro Photoを通じて知り得たカメラマン会員に対し、当社以外の写真撮影サービスを紹介することはできないものとします。

3. カメラマン会員は、本利用規約の有効期間のみならず、本利用規約の有効期間終了後においても、Pro Photoを通じて知り得たユーザー会員に、当社の承諾なしに本写真撮影サービスと類似した写真撮影を勧誘、又は実施することをできないものとします。

4. 前3項に違反した会員は、1百万円の違約金を当社に支払うものとします。本項の規定は、当社が被った損害が1百万円を超えた場合には当該超過分の損害を請求することを妨げないものとします。


第12条 規約等の改定

当社は、本利用規約、並びに、各種料金(サービス料金、キャンセル料その他本写真撮影サービスの提供に係る一切の料金)その他の契約条件を、当社の判断により事前の予告なく変更、追加及び削除することができるものとします。当社が変更内容を会員に対して通知または公表した後に会員がPro Photo又は本写真撮影サービスを利用した場合、又は10日以内に登録を取り消さなかった場合には、会員は当該変更内容を承認したものとみなします。


第13条 サービスの中断

1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、会員に事前に通知することなく、Pro Photoの全部、または一部を永久的に停止、または一時的に中断することができるものとします。

  1. コンピューター・システムの点検、または保守作業を定期的にまたは緊急に行う場合。

  2. コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合。

  3. 火災、停電、天災地変などの不可抗力によりサービスの運営ができなくなった場合。

  4. その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合。

2. 当社は、当社の都合により、Pro Photoの提供を終了することができます。この場合、当社は会員に事前に通知するものとします。

3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。


第14条 情報の保存

当社は、当社に提供した登録情報、会員がPro Photo上で送受信したメッセージ、その他の情報を運営上、一定期間保存していた場合であっても、情報を保存する義務を負うものではなく、いつでもこれらの情報を削除できるものとします。 なお、当社は本条に基づき当社が行った措置に基づき、会員に生じた損害について一切の責任を負いません。


第15条 会員の禁止事項

会員は、以下の行為をしないものとします。

1. 虚偽の情報を登録する行為。

2. 当社、他の会員または第三者の著作権、肖像権、その他知的所有権、および当社に対する権利を侵害する行為。

3. 当社、他の会員または第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為。

4. 当社、他の会員または第三者を誹謗中傷する行為。

5. その他いかなる法に違反する行為、またはその虞のある行為。

6. 犯罪的行為に結びつく行為。

7. 公序良俗に反する行為。

8. 反社会的活動に関する行為。

9. 他のサービスおよびサイトへの勧誘または募集行為。

10. Pro Photoを通じて入手した写真その他のコンテンツを、複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。

11. Pro Photoの運営を妨げ、あるいは当社の信用を毀損するような行為、またはその虞のある行為。

12. コンピュータ・ウィルスその他の有害なコンピュータ・プログラムを含む情報を送信する行為。

13. Pro Photoに関し利用しうる情報を改ざんする行為。

14. 猥褻な情報又は青少年に有害な情報を送信する行為。

15. 異性交際に関する情報を送信する行為。

16. 本利用規約に違反する行為。

17. その他、当社が不適切と判断する行為。


第16条 免責

1. 当社は、本写真撮影サービスによって提供されるコンテンツの品質につき如何なる保証も行うものではありません。

2. 会員が当社から直接又は間接に、Pro Photo、当社ウェブサイト、他の会員その他の事項に関する何らかの情報を得た場合であっても、当社は会員に対し本利用規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も行うものではありません。

3. 会員は、Pro Photoを利用することが、会員に適用のある特定商取引に関する法律その他の法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、会員によるPro Photoの利用が、会員に適用のある特定商取引に関する法律その他の法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではありません。

4. Pro Photo又は当社ウェブサイトに関連して会員と他の会員その他の第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等(撮影契約に関する紛争等を含みますが、これらに限られません。)については、会員の責任において処理及び解決するものとし、当社はかかる事項について一切責任を負いません。

5. 当社は、当社によるPro Photoの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、会員のメッセージ又は情報の削除又は消失、会員の登録の取消、Pro Photoの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他Pro Photoに関連して会員が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

6. 当社ウェブサイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから当社ウェブサイトへのリンクが提供されている場合でも、当社は、当社ウェブサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。

7. 当社は、Pro Photoに関連して会員が被った損害について、一切賠償の責任を負いません。消費者契約法の適用その他の理由により当社が会員に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任は、損害の事由が生じた時点から遡って過去3ヶ月の期間にユーザー会員から現実に受領したPro Photoのサービス料金又はカメラマン会員に支払われた金額の総額を上限とします。


第17条 知的財産権

1. 会員がPro Photoに送信したコンテンツその他の情報(以下「投稿情報」といいます。)の著作権は、会員に帰属するものとします。但し、当社はPro Photoの提供に必要な範囲において、無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。また、会員は、かかる当社の投稿情報の利用について、著作者人格権を行使しないものとします。なお、投稿情報を掲載するか否かは当社が判断するものとします。

2. 前項を除き、Pro Photoに関する著作権、その他の知的財産権は、当社または当社が指定する第三者に帰属します。会員は、いかなる理由によっても当社又は当社が指定する第三者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。


第18条 秘密保持

1. 本利用規約において「秘密情報」とは、利用契約又はPro Photoに関連して、会員が、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、以下のものは秘密情報に含まれないものとします。

  1. 当社から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの

  2. 当社から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの

  3. 提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの

  4. 秘密情報によることなく単独で開発したもの

  5. 当社から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの2. 会員は、秘密情報をPro Photoの利用の目的のみに利用するとともに、当社の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。

2. 第2 項の定めに拘わらず、会員は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければなりません。

3. 会員は、当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。


第19条 損害賠償

1. 会員は、本利用規約に違反若しくは過失により、当社または第三者に損害を与えた場合、その損害の一切を賠償するものとします。

2. 会員によるPro Photoの利用に関連して、当社が、他の会員その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、会員は当該請求に基づき当社が当該第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。


第20条 会員登録の抹消等

1. 当社は、会員が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知又は催告することなく、当該会員についてPro Photoの利用を一時的に停止し、又は会員としての登録を取り消すことができます。

  1. 会員が、死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合

  2. 会員が本利用規約等のいずれかの条項に違反し、当社が契約解除の通知をした場合、または、当社が会員のIDを削除した場合

  3. 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合

  4. 当社、他の会員その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法でPro Photoを利用した、又は利用しようとした場合

  5. 手段の如何を問わず、Pro Photoの運営を妨害した場合

  6. 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

  7. 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けたとき

  8. 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合

  9. 租税公課の滞納処分を受けた場合

  10. 12ヶ月以上Pro Photoの利用がなく、当社からの連絡に対して応答がない場合

  11. 第3条第5項各号に該当する場合

  12. その他、当社が会員としての登録の継続を適当でないと判断した場合

2. 当社及び会員は、それぞれ7日前までに当社所定の方法で相手方に通知することにより、会員の登録を取り消すことができます。

3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により会員に生じた損害について一切の責任を負いません。


第21条 有効期間

1. 利用契約は、会員について第3条に基づく登録が完了した日に効力を生じ、当該会員の登録が取り消された日又はPro Photoの提供が終了した日のいずれか早い日まで、当社と会員との間で有効に存続するものとします。

2. 当社は、利用契約の終了後、会員の投稿情報の全部または一部を削除し、または、引き続きPro Photoに掲載することができるものとします。


第22条 連絡/通知

Pro Photoに関する問い合わせその他会員から当社に対する連絡又は通知、及び本利用規約の変更に関する通知その他当社から会員に対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行うものとします。


第23条 本利用規約の譲渡等

1. 会員は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本利用規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2. 当社はPro Photoにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本利用規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。


第24条 完全合意

本利用規約は、本利用規約に含まれる事項に関する当社と会員との完全な合意を構成し、口頭又は書面を問わず、本利用規約に含まれる事項に関する当社と会員との事前の合意、表明及び了解に優先します。


第25条 分離可能性

本利用規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本利用規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及び会員は、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。


第26条 存続規定

第3条第3項及び第4項、第5条第2項、第6条、第7条第1項及び第6項(未払いがある場合に限ります。)、第8条第2項(未払いがある場合に限ります。)第3項、第4項第5項及び第6項、第9条、第10条(未払いがある場合に限ります。)、第11条、第13条第3項、第14条、第16条から第19条まで、第20条第3項、第21条第2項並びに、第23条から第27条までの規定は利用契約の終了後も有効に存続するものとします。但し、第18条については、利用契約終了後5年間に限り存続するものとします


第27条 準拠法及び合意管轄

1. 本利用規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本利用規約の一部が無効な場合でも、適用可能な項目については効力があるものとします。

2. Pro Photo及び本写真撮影サービスに関連して訴訟等の必要が生じた場合には、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。